格安ヨーロッパ留学ならマルタに行こう!社会人に人気の理由は?

f:id:manekore:20190919163056j:plain

社会人の留学先として最近注目されているマルタ。

歴史を感じるヨーロピアンな街並みや、フィリピン、フィジー並みの格安費用がぐんぐん人気を押し上げています。

今回は、そんなマルタ留学の魅力を解説していきます。

 

 

マルタってどんなところ?

正式名称はマルタ共和国。

イタリアの南に位置する島国で、東京23区の半分程度の小さな国です。

公用語はマルタ語と英語で、外国人を受け入れる英語の語学学校が多数あります。

現在、日本からの直行便はないため、乗り継ぎも含めると移動時間は18時間前後です。

 

気候は基本的に穏やかで、夏は30℃台まで上がるものの、冬でも15℃を下回ることは少なく、年間通じてとても過ごしやすいです。

 

また、マルタは日本と同様に銃の所持が禁止されており、夜でも出歩きが可能です。

治安がよいという点は留学先を選ぶ際に重要なポイントになるでしょう。

 

さらに、島国のマルタはとにかく海が美しく、歴史的な遺跡や街並みが多く残っているため、国中に絶景があふれています。

日本ではまだあまり有名ではありませんが、世界中から観光客が訪れる人気の観光地です。

 

マルタ留学の4つの魅力

それではマルタ留学がどうして社会人にとって魅力的なのか、詳しく見ていきましょう。

 

とにかく安い

マルタは物価や授業料が周辺のヨーロッパ各国と比較して安く、1ヶ月の滞在費と授業料の金額の相場は25万~45万円程度です。

同じ条件でのイギリスやアメリカへの留学と比べると半分程度ということも多いようです。

留学時に仕事を辞めるため少しでも出費を抑えたい社会人にとっては、魅力的な選択肢の1つになるでしょう。

 

日本人が少ない

例えば、フィリピン留学では日本人が圧倒的に多く、特に日本企業の経営する語学学校では日本人が100%ということもあり、留学の醍醐味の1つである異文化体験がほとんど得られないことが不満要素として上がることがあります。

 

一方、日本人にとってまだまだマイナーなマルタには観光客も留学生もあまり多くありません。

むしろ、地理的な理由によりヨーロッパからの留学生が圧倒的に多いです。

 

日本人が多いとついつい日本語で会話してしまうこともあるかと思いますが、留学中はとにかく英語を浴び続けて効果を最大限にしたいもの。

英語を話さざるをえない状況に自分を追い込むという意味では最高の環境でしょう。

 

ビーチや街並みが美しい

せっかくの海外ですから、留学中は勉強だけでなくその土地そのものを楽しみたいですよね。

マルタはとにかく海が綺麗なので、観光客だけでなく地元の人々にとってもビーチでのんびり過ごすことが最高の贅沢です。

 

また、マルタの首都バレッタはなんと市街全体が世界遺産として登録されています。

美しい石造りの家や教会、城壁が作り出す街並みは、さながら海に浮かぶ城塞都市。

非日常的な空間で過ごす時間は、留学の充実度を上げてくれること間違いないでしょう。 

 

ヨーロッパの近隣諸国に旅行できる

マルタはイタリアのすぐ南に位置するため、留学中にヨーロッパの別の国に旅行することが可能です。

例えば、イタリアやフランスであれば、LCCを使って往復数千円から1万円程度で行くことができるので、行かない手はないでしょう。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。

 

マルタ留学の魅力まとめ
  • とにかく安い
  • 日本人が少ない
  • ビーチや街並みが美しい
  • ヨーロッパの近隣諸国に旅行できる

「ヨーロピアンなお洒落な街並みの中で英語を勉強したいけど、お金はそんなにかけられない…」という方にマルタはとてもオススメです。

ぜひ留学先の候補に加えてみてください。