エンジニア留学は本当に必要!?メリットとデメリットを徹底比較!

f:id:manekore:20190911120742j:plain

英語を話せるようにはなりたいが、英語だけを身につけても帰国後に仕事につけるかが心配…。

社会人が語学留学に踏み切れない理由として、よく聞く不安の1つです。

 

そんなとき話に上がる「英語×〇〇」留学。

英語+αのスキルを留学で身につけることによって、将来のキャリアアップを狙う人気のプログラムです。

 

今回は、その中でも最近話題のエンジニア留学について解説していきます。

 

 

エンジニア留学とは?

エンジニア留学は、海外で英語とプログラミングを同時に学ぶ留学プログラムです。

どちらも今後ますます需要が高まるスキルとあって、最近とても話題になっています。

 

プログラミングを英語で学ぶコースと日本語で学ぶコースから選ぶことができますが、留学後の就職まで考えると、専門用語を英語で理解できている状態は大きなアピールポイントとなるため、英語で学ぶコースが望ましいでしょう。

 

プログラミングと一口にいっても多くの目的がありますが、エンジニア留学といった場合は、情報科学の学位取得を目指し大学に入学するもの、Web開発などの実践的なスキルを身につけキャリアアップを狙うものの2パターンが多いです。

帰国後のキャリアプランに合わせて選ぶとよいでしょう。

 

エンジニア留学のメリット

それではエンジニア留学にはどんなメリットがあるのでしょうか。

 

学習に集中できる

日本での学習は誘惑も多く、毎日集中して継続することは難しいでしょう。

その点、エンジニア留学ではまわりはエンジニアを目指す仲間ばかり。

勉強に集中できる最高の環境で、着実なスキルアップが可能です。

 

モチベーションを高く保つことができる

エンジニア留学は学ぶ内容が仕事と直結しています。

ですので、語学留学と比較して留学後のはたらく自分を想像しやすく、留学中の勉強のモチベーションを保ちやすいといえるでしょう。

プログラミングだけでなく、英語そのものの学習効率アップも期待できます。

 

市場価値が上がる

自社にシステム開発部隊を持たない会社は、アメリカやインドといった海外企業に開発を委託することが多くなってきています。

そうすると、本社社員に期待されるのは英語で開発をマネジメントする能力。

とはいえ、日本では英語とプログラミング両方に精通した人材は圧倒的に不足しています。

そんな中、エンジニア留学で得たスキルは歓迎されること間違いないでしょう。

 

エンジニア留学のデメリット

当然ですが、エンジニア留学は、日本で英会話とプログラミングスクールに通うより高額です。

英語とプログラミングを一定の期間で確実に身につけたい、という強い思いがない場合は、本当に海外で学ぶ必要があるのかよく考えたほうがよいでしょう。

 

エンジニア留学のできる国

現在は多くの国でエンジニア留学が可能ですが、ここでは人気の3つの国を紹介します。

 

アメリカ

アメリカへのエンジニア留学は、コミュニティカレッジや4年制大学に入学し、情報科学の学位の取得を目指すケースが多いです。

アメリカではプログラマーは日本以上に専門性が重視されており、就職の際には必ず学位を見られます。

アメリカでの就職は他のハードルもかなり大きいですが、プログラマーとしての就職を目指す場合は、最低ラインとしてまずはエンジニア留学を検討しましょう。

 

フィリピン(セブ島)

フィリピンのセブ島にある語学学校では、プログラミングコースを併設しているところが増えてきています。

セブ島留学の一番のメリットはその価格の安さ。

また、英語のレッスンもマンツーマンが基本であるため、欧米への語学留学と比較して短期間で効果が出やすいところも特徴です。

最低限の出費で英語とプログラミンを学びたい場合はセブ島一択でしょう。

 

 こちらの記事も合わせてどうぞ

 

インド

IT大国のインドでもいくつかの語学学校でエンジニア留学を受け入れています。

アメリカやセブ島と比較して、プログラムの幅が広く、初心者から上級者まで自分の目的に合わせて内容を選ぶことができるため、明確な目的を持った社会人に人気の留学先となっています。

また、セブ島同様、英会話レッスンはマンツーマンが基本ですので、英語力の向上もしっかり期待できます。

 

 こちらの記事も合わせてどうぞ

 

おわりに

エンジニア留学の人気は年々高まっています。

今後、エンジニア留学を受け入れる学校はどんどん増えていくでしょう。

英語もプログラミングもいまや世界共通言語です。

エンジニア留学を通して世界で戦えるスキルを身につけ、自分の可能性を広げてみるのはいかがでしょうか。