留学前に「英語に慣れる」には?留学準備にオススメの英語学習サイト3選

f:id:manekore:20190904141926j:plain

社会人の方は休暇や転職の合間を利用し、短期で留学される方が多いと思いますが、語学学習を目的とした短期留学を成功に導くポイントは何だと思いますか?

 

国選び、学校選び、カリキュラム選び、いずれも大切です。

しかし、一番重要なのは、渡航前に「英語に慣れる」というフェーズをクリアしていることなんです。

 

今回は「英語に慣れる」ことの必要性と、そのために役立つ英語学習サイトについて解説していきます。

 

 

留学前に「英語に慣れる」ことが必要な理由

日本人は英語を話すことに対する心のバリアがとても分厚いので、いきなり英語圏に行ったところで、それだけで話せるようにはなりません。

数週間、英語に囲まれて生活することで、やっと英語を発することに抵抗がなくなり、徐々にアウトプットの量が増えてきます。

 

しかし、短期の留学であればその時点でもう終盤。

知っている単語と文法を駆使してとにかくコミュニケーションをとり、使える英語を身につける、という留学の醍醐味を感じる間もなくあっという間に帰国です。

 

短期留学による英語力の向上という意味では、英語に慣れていて、やる気さえあれば、正直留学先で大きく差は出ません。

それくらい、英語に慣れてから行くことは大事なんです。

 

「留学って英語に慣れるために行くんじゃないの?」という声もあるかもしれません。

もちろんそういう目的もあるでしょう。

ただし、留学の費用に見合う効果かというと疑問が残ります。

なぜなら、日本国内にいても「英語に慣れる」ことはできるからです。

 

留学前に「英語に慣れる」方法

それでは、日本国内で「英語に慣れる」ためには、何をしたらよいのでしょうか。

 

英会話教室に通う

やはり1番効果が高いのは英会話教室に通うことでしょう。

英会話教室で使える英語を身につけるためには、頻度や期間、毎回のレッスンの設計など、色々考えなくてはいけないことがあります。

しかし、英語に慣れるという目的であれば、シンプルに、黙らずとにかく話し続ける、ということさえ意識できれば十分達成できます。

これができてから留学するのと、できないでするのでは、留学先での吸収度に大きな差が出るでしょう。

 

英会話教室とは少し違いますが、渡航日が差し迫っている方は、テレビでも話題の【 English Boot Camp(イングリッシュブートキャンプ)】 に参加するのも良いでしょう。

週末2日間、徹底的に英語漬けになるプログラムのため、短期間で英語に慣れるには最適です。

 

オンライン英会話レッスンを受ける

社会人の方は留学のために仕事を休むにしろ辞めるにしろ、さまざまな手続きや引継ぎ業務に手いっぱいになり、英会話教室に通う時間がとりづらいもの。

そんな時は時間や場所を選ばないオンライン英会話がオススメです。

基本的にはリアルの英会話教室と同様、話し続けることさえ意識できれば、英語に慣れるという目的はクリアできます。

 

オンライン英会話が気になる方は、「社会人の留学準備にオススメのオンライン英会話3選」をご覧ください。

 

Webサービスやスマホアプリで自習する

まとまった時間でオンライン英会話を受けるよりも、PCやスマホで隙間時間に勉強したい、という方も多いでしょう。

とはいえ、多くの英語学習に関するWebサービスやスマホアプリはTOEICなどの試験対策には向いていますが、ここでの目的である、英語を発することに慣れる、という点には不向きです。

 

それでは英語に慣れるために役立つサービスはまったくないかというとそんなことはありません。

ここでは厳選して3つのサービスを紹介します。

 

社会人の留学準備にオススメの英語学習サイト3選

【第1位】スタディサプリ ENGLISH

公式サイトへ

 

多くのメディアや口コミで絶賛されているサービスなので知っている方も多いでしょう。

リクルートが提供するスタディサプリ ENGLISHは「聴く力」と「話す力」を鍛えることに特化したサービスです。

まさに留学前の英語に慣れるという目的には最適でしょう。

 

通常、英語学習サービスは単語や文法を学んだあとに問題に答えるといった形式が多いですが、スタディサプリ ENGLISHはまったく異なります。

まずは、ドラマ仕立てのリスニングレッスンを受講後、理解度チェックを行います。

その後、聴いた内容のスクリプトを穴埋めしていくことで、より正確に聴く力を鍛えます。

さらに、登場人物になりきり会話を行うことで、話す力も鍛えることができます。

 

それぞれ英語の短期習得に欠かせないリスニング、ディクテーション、シャドウイングに対応しており、それらを同じコンテンツで行うことによって効果が倍増するよう計算されています。

なによりドラマのストーリー展開が教材とは思えないほど面白いので、飽きやすい方も自然に続けることができるでしょう。

 

英語に慣れるだけではなく仕事に活かせる英語を留学前からしっかり学びたいという方は、TOEICテスト対策 ビジネス英語コースもあるので目的に応じて使い分けてください。

 

チェックポイント

 

【第2位】HiNative Trek

公式サイトへ

 

ライティング(+音声録音)によるアウトプット訓練のための英作文添削サービスです。

通常の英作文添削サービスと異なるのは、毎日の習慣となるように考えられた仕組みです。

 

平日毎日ビジネスに特化した課題が届くので、あなたはその課題に英文で答えます。

テキストでも音声でもOKです。

すると13時までの回答であればその日のうちにネイティブ講師による添削結果が届くので、すぐに復習することができます。

例えば、朝の通勤時に課題に回答し、帰宅時に添削結果を確認するなど、1日のリズムに組み込むことで続けやすくなるでしょう。

 

さらにこのサービスの大きな特徴は、添削のレベルが非常に高いこと。

英作文や音声に対して、文法や発音に関する指摘、より自然な言い回しなどをネイティブ講師が徹底的にフィードバックしてくれます。

このフィードバックを完璧に自分のものにするにはある程度の英語の基礎が要求されるため、スタディサプリ ENGLISH が初心者向けなのに対して、こちらは中上級者向きといえるでしょう。 

 

料金はやや高めですが、文法やリーディングの基礎ができている方が留学前に本気でアウトプットに慣れたい場合には、これ以上ないサービスだと思います。

 

ちなみに、スピーキングとライティングをまったく別のスキルとしている英語教室も多いですが、これらはアウトプットという意味では同じ能力を必要とします。

どちらも知っている単語や文法から、意味の通る文章を組み立てるという頭の使い方をするので、一方を鍛えれば、自然ともう一方の能力も向上します。

当然、スピーキングには発音、ライティングにはスペルという固有の要素はありますが、アウトプットスキルを訓練するという意味では両者を切り分ける必要はないでしょう。

 

チェックポイント

 

【第3位】TED

公式サイトへ

 

英語学習者なら誰でも知っているTEDです。

世界中の優秀な方々がその貴重な経験をプレゼンしています。

 

TEDの素晴らしいところはすべてのプレゼンにスクリプトがついている点です。

これがあれば、スタディサプリ ENGLISH と同じように、リスニング、ディクテーション、シャドウイングのすべてのトレーニングを自分自身で行うことができます。

その上、教材は無数にあるプレゼンのうち自分の好きな分野から選ぶことができるので、身につきやすさも言うことないでしょう。

自分でメニューを設計できる上級者の方には非常にオススメの学習方法です。

 

チェックポイント
  • 料金
    無料
  • 提供
    Webサービス/スマホアプリ

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。

 

とにかく留学までに「英語に慣れる」ことは意識して時間を過ごしてください。

留学までの限られた期間を無駄にすることなくしっかり準備をすれば、きっと有意義な留学生活を送ることができるはずです。